vol.42 ワーク・ライフ・バランス

2021年5月31日 保健師コラム

大企業では2019年4月から、中小企業では2020年4月から、時間外労働の上限規制が導入され、これまで以上に長時間労働対策が推進されています。これは、長時間労働による健康影響への対策だけではなく、仕事以外の社会生活の充実を図り、ワーク・ライフ・バランスを改善するという目的が背景にあります。本コラムでは、この「ワーク・ライフ・バランス」について改めて考えてみます。

以上のような内容について、会員制コラムにて詳細を載せています。

健康経営は継続し戦略的に進めることで企業価値の向上につながります。

当社保健師による健康経営優良法人ガイダンスを希望される方は
メール(info@sangyoueisei.co.jp)もしくはお電話(0120-95-1824)でお問い合わせください。
担当 小林(由)保健師 小林(后)保健師
SESの産業保健師サービス

■こちらの記事もおすすめです。
「めざすは「三方よし」 SDGsと健康経営 」
「「働き方改革」について」
「健康経営優良法人の取得をめざす ~認定制度の基本知識編~ 」

こちらの記事はダイジェスト版になります。
会員制コラムにて、より専門的で詳しい内容をご紹介しています。
無料会員登録後すぐに記事購読ができますので、ぜひ健康支援にお役立てください。

ページトップへ