vol.39 円滑なコミュニケーションのためにできること
~1人でできるアンガーマネジメント~①

2021年3月29日 保健師コラム

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、私たちの生活そのものが大きく変化しました。
特に、仕事上の変化としては、在宅ワークやオンライン会議の機会が増えるなど、これまで以上に他者とのコミュニケーションに苦慮している方も多いのではないでしょうか。

今回は、円滑なコミュニケーションのヒントとなる「怒りのセルフコントロール(マシュー・マッケイ著:明石書店)」や、関連論文等から、今日から役に立つ情報をお届けします。ぜひ参考にしてみてください。

前編では「怒り」を知り「怒り」を制御することについて、後編では一人でできるアンガーマネジメントの実践について、2回に分けてご紹介します。

以上のような内容について、会員制コラムにて詳細を載せています。

健康経営は継続し戦略的に進めることで企業価値の向上につながります。

当社保健師による健康経営優良法人ガイダンスを希望される方は
メール(info@sangyoueisei.co.jp)もしくはお電話(0120-95-1824)でお問い合わせください。
担当 小林保健師 小澤保健師
S E Sの産業保健師サービス

■こちらの記事もおすすめです。
「自律神経を整える~こころとからだのメンテナンス」
「円滑なコミュニケーションのためにできること ~1人でできるアンガーマネジメント~ ②」
「こころの健康」

こちらの記事はダイジェスト版になります。
会員制コラムにて、より専門的で詳しい内容をご紹介しています。
無料会員登録後すぐに記事購読ができますので、ぜひ健康支援にお役立てください。

ページトップへ