vol.30 健康経営のすすめ

2020年8月14日 クローズアップ

経済産業省による「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。
企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。
(経済産業省:健康経営の推進 引用)

◆そもそも「働き方改革」とは?

働き方改革には大きく3つの柱があります。今一度おさらいしてみましょう。

◆「健康経営」によってうまれるメリット

生産性の向上、離職率の低下、満足度の向上 等…
健康経営によって様々なメリットがうまれます。

働き方改革と健康経営の関係性

健康経営は、大事な経営戦略のひとつで、働き方改革の要素かつベースともいえるものです。

健康な従業員と健全な職場をつくるために

・従業員に「健康宣言」をし、周知させましょう
・現状の把握と課題の抽出をし、対策を立てましょう
・健康経営の計画を立て、実行しましょう

健康経営は、企業と従業員との間に信頼関係を作っていくために重要です。

以上のような内容について、会員制コラムにて詳細を載せています。

vol.13 働き方改革について」では、働き方改革の順次適用おいて、企業を取り巻く環境や課題をまとめています。
是非あわせてご覧ください。

こちらの記事はダイジェスト版になります。
会員制コラムにて、より専門的で詳しい内容をご紹介しています。
無料会員登録後すぐに記事購読ができますので、ぜひ健康支援にお役立てください。

ページトップへ